2019ネパール②『空港とタメル』・・・カトマンズ滞在初日

タメル 街並み

こんにちは。
名古屋本山ネパール料理タルカリです。

2019年1月29日から2月11日までネパールに行ってきました。
しばらくその旅路について書いています。

読んだあとに、
何となくネパールに行った気になってもらえるとうれしいです。

前回は「今回の旅の目的」について書きました。

2019ネパール①『2019ネパールの目的』・・・ネパールでは何をしているの?
こんにちは。 名古屋本山ネパール料理タルカリです。 2019年1月29日から2月11日までネパールに行ってきました。...

今日は、

「空港からタメルへ」

です。

空港の中に関しては昨年と内容がかなり被るので省略しようとも思ったのですが・・・

去年のブログを読んでいない人もいるし、今年の話を知りたい人もいるに違いない、という考えからしつこく書くことに決めました。(というよりは、これは自分の旅の記録でもあるのでただ書きたかっただけというのもあります。)

では本編です



トリブヴァン国際空港

いよいよネパールに到着。
空港の上空で着陸待ちをしていて、本来より45分近く遅れでした。

※最近のトリブヴァン空港は飛行機の本数が増えていて、発着陸ともに時間の遅れが生じているそうです。

トリブヴァン空港

空港の中を歩いて移動します。

ネパール空港

建物に入って道なりに進みます。

トリブヴァン空港

ビザ申請

入国審査へ

トリブヴァン空港

ネパールは入国するためにビザが必要です。

15日…25USドル(または3000円)

(30日と90日もありますが利用する機会はあまりないかと。)

ビザを取得する方法は3パターンあります。

・事前に日本のネパール大使館に申請する
・到着時したさいに用紙を機械で作成して申請する

この2つを合わせたかたちで、

・事前にインターネットで申請をして用紙をプリントアウト
 到着時に手数料を払う

この3つです。

手間と時間が一番少ないので、

最後の”事前申請+現地支払い”がオススメです。

ただ、
日本のネパール大使館で事前申請するのが一番確実なので、
初めてネパールに行く場合はそちらもいいかと思います。
(自分も初めてのときは事前に申請しました。)

というよりは、
到着時の申請は機械が混みあうのであまりオススメしません。

このような感じです↓

トリブヴァン空港
(混雑しているので自分は一度も使用したことがありません。)

ということで、少し先のビザ費用の支払いへすすみます。

トリブヴァン空港

今年も25ドルを出しましたが、

昨年に続き「日本円はないか?」と2回ほど聞かれました。

「持っていない」と答えると渋々受け取ってくれました。

現在のドル円のレートの関係上、
3000円の方が多く受け取れるのでそちらを出すように言われるようです。

多く受け取った差額分はどこへいくのだろうかと思っています。

両替の話

そのすぐ右手に両替所がありますが、
レートがかなりよくないので替えないほうがいいです。
空港の中だから仕方がないですが。

トリブヴァン空港

空港 両替

今回画像を見なおしていて気がついたのですが、
空港出口近くにあるもうひとつの両替所のレートが、
その日の街中のレートよりかなり良かったです。

空港内の両替はレートが悪いというイメージが変わりました。
次回からはここで交換しようと思います。

空港 両替

参考までにその日の街のレートの画像も貼っておきます。

両替

・空港ビザ申請所の隣…10.16
・空港出口…10.27
・タメルの街中…10.2010,000円渡すとそれぞれ10,160ルピー10,270ルピー10,200ルピーくれます。
差額は110ルピーなので大したことはないといえば大したことはないのですが、どうせならレートがいいところで替えたいと思ってしまいます。ただ、日々レートは変わっていくので結局運の要素もあるのですが。※両替所では1000円札、5000円札、10000円札の紙幣のみ交換できます。

無事入国審査が終わるとエスカレーターを降りて下へ。

トリブヴァン空港

昨年は何故かかなり厳重にやっていた荷物検査も・・・

トリブヴァン空港
今年はほとんどないままスルーです。
去年はエスカレーターの横まで列ができていました。

今年は昨年に引き続き動画も少しだけ撮ってきました。

まずは空港の出口の様子です。
この動画の途中にさきほど書いたレートがいい両替屋さんもあります。

今年も自分たちはスタッフの弟達が迎えに来てくれていたので、
そのまま駐車場に移動しましたが、、、
通常であれば、
ホテルの迎えの車に乗るか、
空港出口のタクシーの客引きと交渉するかだと思います。

ホテルの迎えは空港を出た向かいにいるので、
この中から探すのはけっこう至難のわざです。

 

空港でのかつての失敗

ブログを書いていたら、
空港での自分の失敗話?をひとつ思い出しました。

初めてネパールに行ったときのことです。
そのときはホテルに迎えの車をお願いをしてました。

初めての国の空港でドキドキしながらの、
(上の画像のような)少し遠めで分かりづらい中、
そして、タクシーの勧誘もかわしながら、、、

なんとか自分の名前が書いてある紙を持っている人を見つけて合流して
一緒に車のある駐車場へ移動していきました。

一緒にいた?別の人が自分のスーツケースを横取りするような感じで押していくので、
一緒にきてで運んでくれる人なのかな?と思っていたら、、、

車についたところでお金を要求されました。

なんと、ホテルの人とは全く関係ない人で、
勝手に荷物を運んでお金をせびる人でした。
(どうりで小汚いはず・・・)

ホテルの人も言ってくれればいいのに、
”自己責任”的な感じで、
「運ばせてしまったんだから早くお金を渡して」
というようなオーラを出しながら見ていました。

というような出来事があったことを、
このブログを書いていたら思い出しました。

すっかり忘れていましたが、
それが一番最初のネパールの洗礼だったような気がします。

ネパールでは、
観光客と見るとお金目当てで近寄ってくる人や物乞いも多いので、
スキをみせないよう、こういった点は注意しないといけません。

タメルへ

ということで、、、
スタッフの弟の車に乗ってタメルに移動します。
(タメルは旅行者が集まる街です。)

車 置物

空港からは30分~50分くらいかかります。
道の混雑状況によって変わります。

タメル

タメルに到着しました。

小雨が降っていたので少しだけ地面が濡れています。

ふと思ったのが、足元が全く気にならないことです。

以前だったら泥道になっていて歩きづらかったはずなのに、
年々舗装されてきれいな道になりつつあります。

タメル 街並み

タメル 道

少しずつ変わっていく街の様子を見るのも旅の楽しみのひとつです。

ホテルへ

初めての旅行で気になることのひとつが、ホテルの場所や決め方だと思います。

自分の場合はだいたい25ドルくらいで探すようにしています
それくらいの宿を探せばだいたいWIFI・お湯・清潔さなど不便なく泊まれます。

ネパールというと、もっと安いイメージですか?
もちろん安い宿はたくさんありますが、一般旅行者が”不便なく普通に”滞在できるのがこれくらいの価格帯のホテルだと思います。余裕がある方はもっと高いところへ・・・

物価に関してですが、聞いたところによるとネパール国内も少し”バブル”になっていて、特にタメルの土地の価格の上昇が激しいとのことです。そういった点も価格に影響しているようです。

ということで、今年は1泊27ドルのホテルを予約しました。
毎年場所を変えるようにしているのですが、今回は食事や買い物のしやすさを試してみようと繁華街の中心地近くにしてみました。

ホテル

スタッフの人も感じがよく部屋も清潔だったので好印象でした。
なにより、予定通り便利な立地のでとても気にいっていました。

が、

夜になってその印象が・・・

場所が繁華街の中心すぎたため、夜遅くまで路上ライブ・クラブ・ライブの音漏れ・人の話し声などが部屋の中まで響いてきました。

ホテルを予約する際はタメルの繁華街近くは避けることをオススメします。

ただ、、、
以前泊った一泊80ドルくらいのホテルも、2階のフロアが”ダンスクラブ”で音がひどくて寝られなかったということがあるので、こればっかりは運の要素もあります。。。

booking.comなどの口コミをを参考にする際は、「音が気になる」というホテルだけは避けたほうがいいです。自分は避けようと思います。

実際泊った場所でオススメしているホテルは、

★★★★☆ · ホテル · Chhusya Galli
★★★★☆ · ホテル · Chaksibari Marg

この2つです。少し参考にしてみてください。

とりあえず初ダルバート

チェトラパティ

ひとまずホテルで落ち着いて街へと繰り出します。時刻はまだ15時すぎ。ネパール到着日も時間に余裕を持つことができるのがタイ便のメリットです。

今年の方針のひとつが”初めてネパールに行く人の役に立つこと”なので、とりあえずベタな場所はできるだけ行ってみよう考え、散歩がてら「地球の歩き方」に掲載されているレストランへ。

ムクティナート

「ムクティナート タカリキッチン」です。

ムクティナート ダルバート

ムクティナート スープ

ダルバートとマッシュルームスープです。
「地球の歩き方」に載っているだけあって安定しています。

”地元の人が行く店”もいいかもしれませんが、初めてネパールに訪れる際はベタなところからでいいのでは?なんてこともいつも思ったりしています。

変わっていく街並み

建物 タメル

歩きながら特に目についたのは”お店の工事”をしている姿をよく見かけたことでした。

タメル 工事

タメル 工事

人気のお店も移転・閉店したりしているので、
さきほど書いた地価価格の高騰の影響があるのかもしれません。
目立つ場所の道・お店が少しずつ生まれ変わっています。

滞在中に更新したFACEBOOKでも書きましたが、”日本人が期待するネパールらしさ”みたいなものが、カトマンズなど観光で行きやすい場所から少しずつ減っているような気がしました。

道が舗装されたり建物が新しくなるのは住んでいる人には”いいこと”ではありますが、旅行者としては(身勝手な意見ですが)、少しさびしくもあります。

ネパールを訪れたいと考えている方は、早めに一度訪れておいたほうがいいです。
変化をする前を見ることができますし、変化を楽しむこともできます。

とは書いたものの・・・
もちろん相変わらずのネパールらしい場所は相変わらずだったりもしますが。

初日終了

タメル

と、この間に一件用事をしてきましたが、うまくいかなかったので詳細は省きます。
(ちなみに、観光ビザでの滞在なので”仕事”と書いたら問題があるんでしょうか?収入を得ているわけではないのでおそらく大丈夫なはずですが。どなたか詳しい方・・・)

そして夜ごはんを食べて初日終了です。

フライドライス

タカリバンチャ

フライドライスとフライドベジモモです。

場所はタメルで人気の「タカリバンチャガル」です。毎回書いていますが、ネパールに行く際は一度は訪れるべきレストランです。

飛行機の疲れもあり少し早めにホテルへ。

「やっとゆっくり寝ることができる」と思ったら・・・
さきほど書いたように外の音が夜遅くまでつづきいていました。

実は?名古屋ータイの飛行機内も隣のスタッフのいびきがうるさくてほぼ寝られず・・・
タイの空港で買った耳栓が役にたちました。
ネパールに行くさいは耳栓は必須です!(冗談です。)

耳栓

といったところで今日はこれくらいにしようと思います。
短く収めます書いたものの、結局この長さになってしまいました。。。

読みやすいよう長さも調整していきますので、もうしばらくタルカリの日記にお付き合いいただければと思います。

今日もご覧いただきありがとうございます。
ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

2019 ネパール記事一覧はこちらから

2019年2月 ネパールの旅
◎『2019年 ネパールの旅』 記事一覧

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク