”ネパール王族殺害事件”と”ネパール人経営のインドカレー屋さん”との関係性!?

16年前の今日、

6月1日がネパール王族殺害事件の日だったそうです。

勝手な持論というか考えですが、

この事件と日本のネパール人が経営するカレー屋さんが急増した事と、

少なからず関係していると勝手に(2回目)思っています。

ネパール王族殺害事件(ネパールおうぞくさつがいじけん、英語:Nepalese royal massacre)は、2001年6月1日ネパールの首都カトマンズナラヤンヒティ王宮で発生した事件ディペンドラ王太子(事件直後、危篤状態のまま名目上は国王に即位し、その3日後に死亡)が父・ビレンドラ国王ら多数の王族を殺害したとされる事件である。現場名称を取ったナラヤンヒティ王宮事件とも呼ばれる。

出典:ウィキペディアより

事実は小説より奇なりとは、

よく言ったもので、

この事件もいろいろと疑惑が多い、

言葉を選ばずに書くと、

とても興味深い事件なので、

一度詳しく見てもらうと面白いと思います。

この事件以降の政情不安が、

日本にカレー屋が増えた事につながっています。

(そう思っています。)

王族殺害事件後、

ネパールの国内では、

生き残った王族や政党などが、

政治の主導権争いを始め、

国内が荒れたそうです。

(2008年に王政が廃止されて、

今はネパール王国からネパール民主共和国になっています。)

当店のスタッフから以前聞いた話ですが、

その国内が荒れ始めたころ、

ある武力行使をする勢力が、

突然家におしかけてきて、

村に数少ないソーラーパネルを

強奪していったという事があったと聞きました。

十数万円くらいするもので、

公務員の月収が2万円くらいと言われる

ネパールでは超貴重品。

しかもライフラインのひとつです。

他にもいろいろ聞いたのですが、

このエピソードが、

なぜか結構記憶に残っています。

このような事が国内中であり、

特に田舎は警察・軍隊の力も及ばなく、

被害が多かったと言っていました。

その結果、

多くの若者が比較的安全な首都カトマンズへ、

安全と仕事を求めて出ていったそうです。

それが今の人口過多につながっているとも言っていました。

当然カトマンズも限界があり、

次に求めたのが

海外での働き口だったそうです。

元々関係性が深いイギリスはもちろんですが、

ODAなどでたくさんのお金の支援をしていた日本も、

きっとお金が稼げそうという理由で選ばれたのでは?

と思っています。

(ただそれだけでなく、日本に良いイメージを持っている人たちも

たくさんいるのも理由のひとつだと思います。)

という事で、

2001年より少し後から、

日本に来るネパール人も増え始めました。

ネパール人が日本で働きに来るためには、

コックとしての「技能ビザ」というものが、

一番取得できる可能性が高いものだと思います。

彼らが技能ビザを取得し、

インドカレー屋で雇ってもらって働き始める。

しばらくしてお金を貯めて、

独立をして自分でお店を始めてネパール人を呼び寄せる。

そしてまた・・・。

という循環の始まりです。

実際稼げたのかどうかというと、

そのころに日本に来てお店を始めた人たちは、

今では多店舗展開や

違うビジネスでも成功している人も多いです。

ただその後も、

その成功を見たネパール人が、

自分も自分もと駆けつけはじめているので、

最近では少し飽和状態。。。

というような気はしています。

そのあたりが、

日本でネパール人が経営するインドカレー屋が多いことにつながっていると思います。

少し無理くりかもしれませんが、以上の点が、

2001年6月1日にあった、

ネパール王族殺害事件が、

日本でのネパール人急増、

ネパール人の経営するインドカレー屋の急増に

つながっているのではないかと思う理由です。

まあ、

今こうしてネパール人スタッフとタルカリをやっていられるのも、

ネパール王族殺害事件と関連しているのでは?

と思うのもまた一興ではないでしょうか。

歴史は少しずつ関連していると思わされる一件でした。

しつこいようですが、

この事件はとても興味深いので、

特に『陰謀好き』の方にオススメなので、

調べてみてください~

今日もご覧いただきありがとうございます。

ダンニャバード。

(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  HP

・タルカリ  facebook

・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク