”タカリ族”のダルバートはどうして有名なのか?

『タカリ族のダルバート』

時々お客様から、

「キッチンのスタッフさんは、何族ですか?タカリですか?」
と聞かれることがあります。
つい先日もダルバートをお召し上がりのお客様から聞かれました。

ネパール料理やダルバートが少しずつ知られてくるとともに、
こういったタカリネワリというような言葉も一緒に広まっているようです。

タカリはタカリ族で、ネワリはネワール族です。
”ネパール”はネパール語で”ネパリ”と言います。
(その流れからすると、タカリはタカール族のほうが自分としてはしっくりくるのですが・・・。Why? Nepalese people?・・・!?)

当店のスタッフはタカリ族ではありませんが、
ネパールでタカリの料理も作っていたので作れるものもあります。

タカリ族のダルバートはおいしい

自分もネパールやダルバートと関わるようになって、
「タカリ族」という言葉・民族をよく耳にするようになりました。
そして、”タカリ族のダルバートはおいしい”と。

ネパールではたくさんの民族がいるのですが、

(興味がある方はどうぞ。)

この中でも日本では、「タカリ族」が特に有名なようです。
地球の歩き方などの本でもよく名前を見かけますし、
インターネットでネパールを調べていても「タカリ」の名前をよく目にします。
(一応確認ですが”タルカリ”ではなく、”タカリ”です。)

ネパール人の間でも、『タカリのダルバート』がおいしい。
というのが有名です。
シェフにネパールの好きなお店を聞いても、タカリのお店を勧められたりします。

実際、タカリのお店はおいしいところが多いのですが、

ダルバートは民族関係なくおいしいものはたくさんありますし、
タカリの中でも差があると思います。
それなのに、どうして”タカリ”の名前だけがどうして有名になったのか。。。
(どうでもいいのですが気になってしまいました。。。)

理由を調べようとしてもだいたい書いてあるのは、

「料理上手のタカリ族。」

とか、

「タカリのダルバートはおいしいので有名。」

などだけです。

おいしいから有名、それはそれでいいのですが。。。

スタッフに聞いてみても、「タカリ ハ オイシイカラ」と言うだけです。

さきほども書きましたが、タカリでなくてもおいしいお店もあります。
それにもかかわらず、お店に民族の名前を冠しているのが
タカリ族かあとはネワール族くらいです。
(ネワール族はもともとカトマンズ近郊に住んでいた民族なので、カトマンズでよく見るのは当然なので分かるのですが。)

街中を歩いていると、
「タカリキッチン」、「タカリバンチャ(バンチャはネパール語で台所)」、「タカリチューロ(チューロはシェフ曰く、薪やコンロの”火元”のような意味だそうです)」
などといった感じでお店があります。

多いから有名に見える?

歩いていてたくさん目にする。。。

そこでひとつ思ったのですが、
『お店に”タカリ”の名前を冠しているから、”タカリ”も有名になっているのでは?』
ということを考えました。

どういうことかというと、例えば日本でいうとうどんといえば香川県というのはよく知られていると思います。(香川県以外のうどんで有名な場所の方すみません。)

それはきっと、香川県のうどんは『讃岐うどん』として商品名に地名も一緒になって知られているからだと思います。

うどんといえば、”讃岐(香川)うどん”。讃岐(香川)といえば”うどん”というように。

他の例で地名が入った例を出すと、

・くまもん(ああ、熊本ね。)
・ひこにゃん(ああ、彦根ね。)
・オカザえもん(ああ、岡崎ね。少し苦しい?)

・出世大名家康くん(静岡県?ですか?)
↑浜松市です。家康だけだと、場所が微妙ですよね。

少し例が分かりづらいでしょうか。。。

といったように、
少しでも地名が入っていると場所のアピールにもつながっているように、

タカリという民族名をお店に冠することによって、
”タカリ”という民族名まで有名になっていて、
一種の”ブランド”となっているのではないだろうか?
ということを考えました。

さきほどのウィキペディアによると、
タカリ族は今13,000人弱くらいしかいないそうです。
それなのにタカリの名前は国外にも知られるくらい有名になっています。

もしかしたら、
タカリは料理上手でありながら、商売上手な民族なのかもしれません。

このようなことを考えた事もあり、

最近では、『”本山”タルカリ』というように、よりお客様にイメージが伝わればと思って、
”名古屋・本山”という場所も機会があれば書くようにしています。

タルカリはタカリから学びを得ました。
(もっと料理のことを学べって言われそうですね。。。)

と、
書いて終わりにしようと思っていたのですが、
(もう少し続きます。)

この記事を書くにあたって、また少し調べていたら、
いくつかタカリについてインターネットで見つけました。

タカリが住むのは交易の拠点だったから

タカリ族のダルバート

タカリ族というのは、
昔は、ジョムソン・トクチェピークを本拠地にしていた少数民族で、
チベット・ネパール貿易で財を成した民族です。
ネパール側から米、唐辛子、インドの生活用品などを運び、チベット側からは岩塩、羊毛などを
ネパールに運んでいたようです。
タカリ族のモットーは、子供に高い教育をあたえること、美味しいものを食べることだったようです。
現在においても、15000人足らずの少数民族、子供に高い教育を与えることで、
ネパールの中での民族の地位を確保してきたのでしょう。
又、実際、確保しています。 (hikaruno photo archives より

交易の中心地であったことも、ネパール国中で”タカリ”の名前が知れ渡る理由だったのかもしれません。日本でいえば、”堺”とか”長崎”といった感じでしょうか。

これについて、別のネパール人と話していたら、

「旅をする人たちをもてなすために、昔から料理を出す仕事をしていたから有名になったのでは?」

ということでした。

あとはこちらの本も見つけて読んでみました。

『ヒマラヤの彼方から』

1982年に書かれた本で、
著者は1958年にネパール調査隊に参加をしたという飯島茂さんという方です。

こちらの本によると、
”元々タカリ族の住んでいた地域は立地的に、
チベット、インドとも関わる重要な場所で、
19世紀の歴史的・政治的な動きから、
タカリ族もその交流の重要な役割を担っていった。”

”食堂やホテルといった経営から、金貸し事業まで、
この交易をうまく利用してタカリ族全体も商業的に発展をしていき、
少しずつ地位を築いていった”
そうです。

著者の飯島さんはタカリ族を
「ネパールの華僑」・「ヒマラヤのユダヤ人」
と称しています。

当時でも1万人に満たないタカリ族についての本を書かれるくらい、
タカリ族は目立った存在だったのだろうなと想像しています。

その後、経済・物流の流れの変化などから、
カトマンズへ進出”せざるを得なかった”そうです。
それまでの知名度を生かして、
カトマンズでもホテルやレストランの経営などに進出していったとのことです。

以前から少しだけ疑問に思っていたことが、
ブログのネタとして書くことにより少しだけ解消した気がします。

(ということで、ずっと思っていた”名前を付けたから有名説”は、やっぱり違いそうな気がしています。。。商売をしていく上で知名度を生かしたということですね。)

ネパール、カトマンズのタメルにある、

「タカリバンチャガル」

(バンチャは台所、ガルは家という意味で、”台所の家”で食堂というような意味らしいです。)

というお店はとても有名でどこのブログなどを見ても評価が高いです。

実際とてもおいしいので、ネパールに行かれた際はぜひ一度足を運んでみてください。

あと、数年前に東京にも”タカリ”のお店ができたみたいです。
まだ行ったことがないので、東京に行った際は行きたい場所のひとつです。

少し長くなりましたが、
今日もご覧いただきありがとうございます。

ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  HP
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク