「オディッシー」三浦知里さんのソロ公演が、タルカリから近くの『覚王山揚輝荘』であります

三浦知里 オディッシーダンス

こんにちは。
名古屋本山のネパール料理「タルカリ」です。

今日は、
タルカリのお客様で「オディッシー」という

インドの古典舞踊の教室を運営されている三浦さんの公演のご紹介です。

タルカリからもほど近い覚王山の「揚輝荘」で公演をされるそうです。

日時:10月8日(月・祝)

開演:17:40
開場:18:00

場所:揚輝荘(南園)

覚王山駅から徒歩4分
タルカリから徒歩9分

ご紹介しておきながら何ですが、、、
チケットも残り少なくなっているそうなので
お問い合わせはお早めにどうぞ。

FACEBOOKページはこちらから
↓↓↓

東インド古典舞踊オディッシーGuru Gajendra Kumar Panda来日情報

チケットも残り少ないみたいなんですが、
こうしてご紹介をしているのは、、、

お店でお客様に公演の話をしてみていたら、
実際に行かれたということで、
”行って良かった”という感想をいただいたからです。

9月の終わりから、
三浦さんの”師匠”のグル・ガジェンドラ・クマール・パンダ氏が
来日されていて、先週はその公演がありました。
お客様はその公演を見にいかれました。
(残念ながら台風で30日は中止になったそうです。)

オディッシーダンス

自分も3年前の来日公演を見に行きました。

元々舞踊には特に興味は無かったのですが、
(実はというのもなんですが、、、)

その時はせっかく声をかけてもらったので行くことに。

オディッシーとは・・・

オリッシーは他のインドの古典舞踊と同じく、寺院をその起源とする。事実、インドの全ての芸術は宗教に起源をもつ。インドの芸術は神に対する帰依を自発的に表現したものなのである。ーwikipediaより
(wikipediaでは”オリッシー”となっています)

手の動きや体を使って、心情や情景を表現したりするそうです。

普段、自分から積極的にこういった舞台を見る機会はないので、
とても興味深い経験でした。

特にグル(指導者・先生というような意味だそうです)の動きは、
とても迫力があり、踊りに引き込まれて見とれてしまう力強さを感じました。

と、
いうようなお話をしていたら、
前述のお客様は実際に見に行かれたとのことです。

10月8日の講演は三浦さんのソロ公演でグルは出演されないようですが、
もし来週3連休のご予定がまだお決まりでなければ、

せっかくなので、
オディッシーに”よばれた”と思って見に行かれてはいかがでしょうか?
(もしまだチケットがあればですが・・・)

ちなみに、

今回揚輝荘に行けないという方も、

10月7日(日)のナマステインディアin刈谷

でもイベントに出演されるそうです。

そちらもあわせていかがでしょうか?

今週末も若干台風が気になりますが・・・

ナマステ・インディアin KARIYA(刈谷市)2018のイベント告知サイトです。




揚輝荘

最後に、イベントがある揚輝荘について。

揚輝荘は松坂屋の初代社長の別荘の跡地で、現在は一般公開されています。
一度だけ行ったことがあります。

今回イベントがある地下は舞踏場になっているのですが、、、

地下全体には100年くらい前?の、
インドからの留学生が描いた壁画などがあったり、
地下トンネルがあったりと、

意外と(失礼ですね・・・すみません)
けっこう面白い場所です。

他にも庭園があったりするのですが、
さすがに丸1日は時間が余るので、、、

揚輝荘に行ったあとに、

日泰寺に行ったり、
覚王山の参道を散策したりして、

そしてそのあと本山方面へ行き、、、

城山八幡宮で参拝。

最後にタルカリでダルバートなんていうルートも
晴れた秋の1日にはちょうどいいかなと思います。

三浦さんとオディッシーはこちらからもどうぞ

東インド古典舞踊オディッシー 三浦知里 ソロ公演

ということで、

今日はタルカリのお客様を勝手にご紹介してみました。

お読みいただきありがとうございます。

ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

2018年 ネパール・インド 記事一覧はこちらから

2018年2月 ネパール・インドの旅
◎『2018年 ネパール・インドの旅』 記事一覧 ...

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク