ネパールに1週間行くのに、かかる費用はいくら?

◎初めてのネパール旅行に、少しだけ役にたつ話・・・その4


※2023年更新版をアップしました

↓↓↓

ネパール旅行1週間にかかる費用はいくら?コロナ後にどれくらい上がったのか【2023年更新版】
◎初めてのネパール旅行に、少しだけ役にたつ話シリーズ ※一部広告を含みます 2019年に「ネパールに...

「ネパールに行くのに、費用はいくらかかるの?」

ネパールの話をしていると、だいたい聞かれることのひとつです。

もちろん滞在日数によって変わってはくるのですが・・・

ということで今回は、、、

一昨年2017年に1週間(5泊7日)ネパールに滞在した際の記録を参考に、
「ネパールの滞在費用はいくらか?」について書いてみようと思います。

(なぜ一昨年かというと、昨年はインドにも行ったのであまり参考にならないので・・・)

それでは、
ネパールに行かれる際の参考になればと思います。



ネパール滞在費用は1週間合計で・・・
136,152円でした

2017年の2月にネパールを訪れた際にかかった費用は、
飛行機、ホテル、交通費、食費、その他を含めて、

合計で136,152円でした。

内訳は・・・

飛行機(タイ航空国際線)・・・88,110円
ビザ・・・2750円

飛行機(ネパール国内線)・・・24,168円
交通費(タクシーなどの移動)・・・8,479円
宿泊費・・・12,039円
食費・・・4,226円
その他・・・1,359円
+お土産代(今回は省きました)
合計・・・136,152円

※2017年2月当時のレート(1ルピー=0.92円)で日本円に換算をしています。
今は、(1ネパールルピー=0.97円)くらいです。

飛行機(国際線)のチケット・・・88,110円

このブログではおなじみですが?
タイ航空で中部国際空港セントレアからカトマンズまで往復で88,110円でした。

今年は同じ時期で102,000円くらいなので少し値上がりしています。

※以前、成田からカトマンズのタイ航空を調べたことがありますが大体同じような金額でした。

こちらもよく書いていますが、

中華系の航空会社を使用すると、
50,000円程度でもで購入できたりしますが・・・

乗り換えの時間がかかることや、
よく(いつも)トラブルがあるということを友人・知人からも聞くので、
自分はあまりオススメをしていません。

初めてのネパールはタイ航空を利用するのがいいと思います。

ビザ・・・2750円

ネパール入国にはビザが必要です。

米ドルで25ドルです。

飛行機(国内線)・・・24,168円

一昨年はコーヒー農園を訪れるのもひとつの目的だったため、
カトマンズからネパール第二の都市ポカラまで飛行機を利用しました。

こちらの費用が往復で24,168円かかりました。
飛行機に乗っている時間は30分くらいです。
街からの移動と搭乗手続きなどで2時間程度。
(よく遅延するそうですが、自分は30分遅れでした。)

ポカラ

ポカラへはたくさんの旅行者が行くのですが、
じっさいのところはほとんどの人はバスを利用することが多いようです。
当然飛行機よりはかなり安く済みます。

バスのランクにもよりますが500円~3000円程度とのこと。
ただ、時間は8時間くらいかかります。

ということで、
もしポカラに行くとしても、
この移動費用はもう少し安く済むかもしれません。

交通費(主にタクシー)・・・8,479円

ネパールでの移動のほとんどがタクシーになります。

当然、
どこからどこへ移動するかによって変わってきますが・・・

旅行者が移動する範囲でいうと、
おおむね1回5~600ルピー(600円程度)です。

利用するのも便利ですし、
さほど高くないのでかなり使うことになると思います。

一日に2,3回程度利用して、
積み重なって8,000円くらいになるのでは?
と思います。

それ以外では、
タメル(旅行者街)近辺を移動するさいは、
リキシャを使ったりもします。


(画像が微妙ですが・・・)

こちらは、
距離と人数によって変わります。
大体1回100ルピーくらいが多いです。

自分はそんなに使わないのですが、
滞在の最後のほうになると体力もなくなってくるので、
歩くのが面倒なときに利用することもあります。

このリキシャの運転手?の人たち、、、
観光客にはかなり”ふっかけて”くるので、
それだけは要注意です。

初めてで何も知らないと思うと、
1回500ルピーと言ってきたりするときもあります。。。
(”ぼったくり”についてはまた改めて書こうと思っています。)

宿泊費・・・12,039円

費用面で気になることのひとつがホテルなどの宿泊費だと思います。

タメル(旅行者街)で3,000円程度の宿を予約すれば、

・お湯がでる
・エアコンがあって寒くない
・WIFIがある
・汚くない
・その他、不便を感じない

いろいろ心配なこのあたりはだいたいクリアできると思います。

一昨年4泊した『ホテル フレンズホーム』4泊で12,039円でした。
(5泊7日の滞在でしたが、コーヒー農園にも泊めてもらっています。)

ホテル フレンズホーム
(フレンズホームの室内)

程よい大きさの宿で、居心地もよくきれいで
スタッフの人の対応もとてもよかったです。

初日にシャワーが故障していて出がよくなかったので、
フロントにその事を伝えたらすぐに対応して修理をしてくれました。

旅行者が行くタメルではやや南側の方に位置しているので、
中心に行くには歩いて6,7分かかるので、
立地は特に便利でもないですが、
かといって不便でもない場所にあります。
(実際たいしたことはないのですが、積み重なると地味にめんどうに感じることも。)

ただ、
街の人の買い物の場所や、市場には中心地より近いので少し便利です。

少しだけ高級感をあじわいたいなら、
「ホテル ブッダ」もガーデンで食事がとれたりと、
リッチな気分をあじわうことができます。
こちらも一泊3,000円くらいで泊ることができました。

ホテルブッダ
(画像ははっくんです。)

こちらは逆にタメルの北側に位置します。
エベレストモモセンターにはすぐに行けるので最高です。

もちろんもっと安い宿はいくらでもありますが、
ゆっくりと落ち着くならこれくらいの宿がちょうどいいのでは?
と思っています。

食費・・・4,226円

5日間の滞在でかかった食費は4,226円でした。


(街のレストランのダルバート)

一昨年は、
途中でコーヒー農園の村でお世話になっているので、
実際はもう少しかかると思います。


(家で出してもらったダルバート)

といっても、
かかっても一回の食事で500円程度なので、
それほど増えませんが・・・

一昨年行った場所ではないですが、
ネワールダンスを見ながら、伝統的な食事をコースを食べられる少し高めのレストランでも、
一人2,000円くらいで食べることができました。

ネワールダンス
ネパールコース

食費に関しては、
イメージ通り”安い”と感じると思います。

50円くらいで食べられるローカル食堂から、
500円くらいで食べられる街のレストランまでいろいろです。

入場料など・・・1,359円

ボウダナートやダルバール広場といった寺院・施設に入る際には、
外国人は”基本的に”入場料をとられます。

場所によりますが、、、
だいたい500円くらいで高いところだと1500円程度です。

ただ、
ほとんど全ての場所で、
”抜け道”があるので、払わなくても入れてしまう場所も多いです。

自分は、ネパールの使途不明な場所に寄付をするくらいであれば、
まだ施設保全という目的に使ってくれる”だろう”場所に、
支払いをしたほうがいいと思っているので入場料は払うようにしています。
(偽善的なことを書いてすみません・・・)

ちなみに、
中でごくまれに係員?の人に入場料を払っているか声をかけられるときもあります。

それ以外にかかるとすると、お土産代など

上に書いた以外でかかる費用としては、

◎お土産代・・・(人による)円

観光に行くならば、

◎ヒマラヤのマウンテンフライト(ヒマラヤ山脈の遊覧飛行)
◎チトワンのサファリ

といったような費用がプラスで必要になってくるのかなと思います。
(自分は行ったこと・利用したことはありません。)

マウンテンフライトなどは、
ホテルのカウンターでも予約を受け付けてくれるところが多いので、
焦って日本で予約しないでも、現地に行ってから決めても問題ないかなと思います。

カトマンズ周辺ならば合計で14万円くらいです

といった感じで、

カトマンズを中心に少し移動して、
ポカラに観光に行って食事を楽しんでといったくらいだけでしたら、
飛行機の値上げ分も含めると、合計で14万円くらいになると思います。
あとはお土産で1万円くらい?です。

いろいろ書いてきたように、
滞在費自他ははかなり安く済みますが、
飛行機の便が多くないだけに航空券代がほとんど占めています。
これがもう少し安くなるとすごい助かるのですが・・・
日本に住むネパール人も増えてきたし・・・

と思っていたら、

先日、ネパールとの直通便の合意がなされたという報道がありました
時間と費用の節約になるとうれしいです。
今後の進展に注目です。

外務省ホームページ・・・日・ネパール外相会談 2019年1月9日

東南アジアにぶらっと行くよりも、
少し高くついてしまうかな・・・
と思います。

が、

ネパールもとても興味深い国なので、
一度訪れてみてはいかがでしょうか?

このブログを読んで、
ネパールに行ってきたよ!
という人が現れるまでしつこく、
”初めてのネパールシリーズ”を書いていこうかなと思っています。

一度ネパールに行ってみませんか~?

※2023年更新版をアップしました

↓↓↓

ネパール旅行1週間にかかる費用はいくら?コロナ後にどれくらい上がったのか【2023年更新版】
◎初めてのネパール旅行に、少しだけ役にたつ話シリーズ ※一部広告を含みます 2019年に「ネパールに...

今日もご覧いただきありがとうございます。
ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク