2023タルカリのネパール旅⑲『ファーマーズマーケットとPCR検査とパパディチャット』

こんにちは。
名古屋本山ネパール料理タルカリです。

2023年2月1日から2月14日までネパールに行ってきました。
3年ぶりのネパールでした。

この記事に読んだあとに、何となくネパールに行った気になってもらえるとうれしいです。

2023ネパール旅

◎今回の旅の目的 ある意味目的達成しました
(・3年間でのネパールの変化について 随時)
・インドとの国境のひとつを訪れる(4か所目)
・ジャナクプルでネパール唯一の鉄道に乗る

・ジャナクプルのミティラアートを見に行く
・シェフの弟の結婚式に参加する。
・どこかでインスタライブに挑戦してみる。
・タイでの乗り換えが18時間あるので初めてのタイ旅行♪
(※追加・ツアーの下見 随時)

あと、ネパールの料理について少し何かする。

年を重ねるとなかなか新しいことをやらなくなるので、意識的にチャレンジをしていきたいというのも今のテーマの一つです。

前回はこちら↓

2023タルカリのネパール旅⑱『バクタプルのズーズーダウ工房へ』
こんにちは。 名古屋本山ネパール料理タルカリです。 2023年2月1日から2月14日までネパールに行ってきました。 3年ぶ...

朝の市場

この日は土曜日。

ネパールは土曜日が休日です。

毎週土曜日には各地でファーマーズマーケットが開かれます。

と、その前に朝からアサン市場へ。

6時くらいから市が立ちはじめています。

タメルの少し南側。1kmくらいです。

このピンがたっているアサンチョークを中心に、斜めに走っている道や南北の道沿いなどで道端で様々な商品が売られています。(チョークは交差点といったような意味らしいです。)

アサンチョークの南西側にラッシー屋さんもたくさんあるインドラチョークがあります。そしてその先はダルバール広場です。

ここは歩くだけでも楽しい。

ネパールに行ったらここも行ってください。

アサンチョークとインドラチョークの間にあるセルロティ屋さん。

2019年においしいと思って、2020年に行ったら同じ場所にいました。

そして2023年も変わらずいてくれました。

前回は食感と甘みが最高でしたが、今回はやや甘さが足りなかったかな、という印象。

でも続いていてくれてうれしいです。

それにしても、テリトリーというかやっぱり場所が決まってるんですかね。

少しずつ明るくなってきました。

人の数も増えてきた。

日中とかはこんな感じです。

ズーズーダウが並んでいるのも見つけました。やっぱりカトマンズでも買えるところが増えているみたいですね。

インスタライブやりました

ここも写真少ないのですが、結婚式につづきアサンでインスタライブをやりました。

アサンはカトマンズで見てもらいたい場所のひとつということと、土曜日ということもありインスタグラムをタイムリーに見ていただける方も多いかなとやってみました。

これだけ見てもよく分からないと思いますが一応残してあります。

この投稿をInstagramで見る

タルカリ TARKARI(@tarkari)がシェアした投稿

見てる方とやりとりをしながらのインスタライブ、終わったあとにぐったりしてしまい、宿で30分くらい横になっていました。

流れるコメントを見ながらそれに答えつつ、伝わりやすいように風景を撮って、お店の人に英語で話しかけるという作業に脳みそがついていかなかったようです。

あと次回への反省点。

・コメント自体も読んでからそれにこたえるようにしたほうがいい。見ている人が何について言っているのか分からなかったり、アーカイブに残してアップするとコメントは消えて読めなくなったりするので。

カトマンズのファーマーズマーケット

ホテルで少しゆっくりした後に、ファーマーズマーケットへ。

毎週土曜日の午前中に開催されています。

タメルから車で10分から15分くらいの場所です。歩いてもいけるけど車で行ったほうがいい。

カトマンズ在住の欧米の方を中心にたくさんの人が訪れます。

ネパールに慣れたころに行くと、よりそのギャップ?を感じることができます。

ヤクのギーとチュルピー。

チュルピーはヤクの乳から作られためちゃめちゃ固いチーズです。

※お店にあるので興味ある方お声おかけください。

宗教上、ベジタリアンの方も多いネパールでは”ベジ”文化も日本より浸透している気もします。

ベジミートのサデコ(サラダ和え)なんかも。

ヤクがかわいい。

こちら”ホントの”日本のラーメンが食べられるという評判のラーメン屋さんです。

はちみつもネパールの名産のひとつです。

お米バスマティライスだけでなくいろいろな種類が。

   

ここにあるのは無農薬野菜かな。

以前ですが、自分たちで食べるものは無農薬だけど販売するのは農薬をたくさん使うという話を耳にしたことがあります。(もちろん全部ではないはずですが。)

規模が大きくなる過程ではかならずそういったことが起きるものなんですね。

チーズなんかもあります。

ズーズーダウも。

注文してからつくるバゲットサンド。

ハーブかな。

パン屋さん。

これはなんだろう。

ここも量り売りをしてくれるチーズ屋さん。

デパ地下にありそうなチョコレート。

納豆も売ってました。

東部の方で食べられている発酵した豆がないかな?と探していましたが、

こちらは”NATTO”でした。

これはマスタードかな。

パン屋さんもいくつかあります。

セルロティ。

欧米の方に人気の”コンブチャ”です。

ビリヤニ屋さん。

朝昼兼用にいただきました。

あとズーズーダウ。

やっぱりあのお店が一番ですね。

そして今回のブームのクロワッサン。

やっぱりパンパニッケルのがおいしい。

ゆっくり見たらもう少しかかりますが、1時間くらいあればぐるっと回ってご飯を食べてと一通りまわれます。

陰性証明書をとりに病院へ

2023年4月までは日本に帰国する際には、ワクチン接種3回の証明書または「飛行機に搭乗する前72時間以内の陰性証明書」が必要でした。自分はワクチン2回接種だったので陰性証明書が必要です。

ファーマーズマーケットから4kmくらいのところの病院で検査をしてもらえるという話を聞いていたのでそちらへ向かうことに。

PCR検査をしてその15時間後とかに結果が出るので、翌日もう1回行く必要があります。

※ただ、あとから分かった話ですが宿泊しているホテルのフロントの人に頼めば合計2000ルピーでホテルまで検査に来て証明書も翌日もってきてくれたらしいです。こちらの病院では検査費用が1500ルピーでタクシー代が片道約400ルピー×4回で3100ルピー。。。時間も費用も圧倒的に損をしました。。。
という情報をブログに書こうと思っている間に4月に陰性証明書が必要なくなりました。

まずは散歩がてら歩いて向います。

途中、バトバテニスーパーがあったので入ることに。

バトバテニはネパールのイオンモールみたいなところです。バトバテニという高級エリアに本店があるしっかりとしたスーパーマーケットです。

成城が発祥の成城石井みたいな?

中はこんな感じ。

チトワンから直送の野菜。

チトワンは象に乗れたりする自然公園があります。

店内。

以前ブログにも書きました、豆とスパイスの品ぞろえが圧巻。

ポカリもある!

ズーズーダウもありました♪

さすがネパール。

調理器具や雑貨も面白い。

今の日本では考えられない陳列。

ステンレスのお皿も圧巻ですね。好きな人はすごい好きそう。

ここも日本と比べるとかなり安いですが、アサンチョークで買ったほうがさらに安いです。

バトバテニはカトマンズにも何か所かあるのでタイミングが合えば行ってみると面白いです。

行きやすいのはパタンに行くついでか、ボウダナートに行くついでがいいかもしれません。

お昼ごはんはバトバテニにあるピザとハンバーガーのお店で。

 

せっかくなのでバフバーガーにしてみました。

焦げてるわりに、ねっとりした感じで、あまり好みではなかったです。

それとも、旅の疲れが出ていてやや体調不良になっていたからそう感じたのかな。

前半の疲れが少しずつ出始めたようです。

歩くのをやめてタクシーを使うことに。

タメルで行ったカティロールのお店も近くにありました。

ネパールの渡り廊下はちょっと怖い。

やっぱりネパールの建物をときどき信じられない自分がいます。

病院到着。

さっきPCRって普通に使いましたが、最初久しぶりすぎてPCRという単語が出てきませんでした。

PCR検査は別の建物でした。

書類書いたりなんだりで行ったり来たり。

もう必要ない情報ですが、詳しく書こうと思って写真撮ってきたので写真だけ置いておきます。

何年か後に見返したときにこういう時もあったんだなーと思う参考になるかな。

かつてはたくさんの人がPCRをやっていたと思われますが、この時点では入国にPCR検査を必要としていたのは日本くらいだったのでガラガラでした。

少し体調不良だったので、まさか陽性になったりしないよな、、、と少し心配になりながら鼻の穴に綿棒を突っ込まれていました。もし陽性だったりしたら・・・。

ネパールにもっといられる!?

でなくて飛行機のチケットとか取り直しは痛いですね・・・・

パパディチャット

PCR検査後フレンズホームにチェックイン。

少し休んだあとにパパディチャットを食べにインドラチョークへ。

今回2023年3月に3年ぶりにネパールに行くまで、YouTubeで外国の人がアップするネパールのVlogをよく見ていました。

その中で何度か登場して気になっていたお店がこのパパディチャットのお店です。

普段あんまり調べて行かないのですが、ここは気になっていたので場所をチェックしておきました。

パパディチャットのお店。

パパディチャットです。

2023年5月の月替わりセットでやったので記憶がある方もいらっしゃるのでは?

ここで食べておいしくてがんばって再現しました♪

けっこう似たものを提供できたはず!!

さくっとした生地にピリッと辛いソースを和えたストリートフードです。

インドではパプリチャットというみたいです。

厚紙を切ったスプーンで食べるのがネパール流です

さくさくした食感と辛いソースがおいしい。

若い人たちが食べて集まるお店です。

手順など見せてもらいました。

 

ここはチャトパテも名物みたいです。隣の人が少しくれました。

これもちょっと辛いけどおいしい。

場所がすごいわかりづらいので注意です。

最初お店の名前も分からず・・・

Vlogの動画の画像を頼りになんとなく近くのお店の人に聞きながらなんとか見つけました。

えっ?ここ?

えっ?ここ?

ここか。

ダルバール広場

そのままダルバール広場へ。

ここも入場料1000ルピーです。ここも同じく横から行けば払わなくても入れてしまいますが・・・

地震のあと復興が気になって、なんだかんだなんとなく毎年見に来ています。

 

クマリの館

カトマンズダルバール広場のチケットを1週間有効にする方法

あと、いろいろなブログで書かれている話ですが、

この事務所で手続きをするとチケットが1週間有効になります。写真やパスポートが必要ですが追加費用はかかりません。(これはカトマンズのダルバールスクエアだけです。)

 

クマリの館のすぐ東側です。ツーリスト用のトイレもあります。

旧王宮の方です。

こちら2017年です。

最近の能登地震もありますが震災の跡を見るのは心が痛みますね。

再びこちら2023年3月です。

ダルバール広場の入口にタピオカ屋さんが3軒並んでいました。

ホントに極端に同じことをやる人たちだな。

そういえば、ここにもトイレあります。

そしてインドラチョークへ。

5軒別のお店があるというのを知って、どこがおいしいか確認。

この並びでは一番古くからあるというこちらのお店がやっぱり一番に決定です。

小さいサイズなら飲み比べができるので、ぜひ比べてみてください。

でも少し北側にあるジャナクプルラッシーが一番かな。

体調もややいまいちだったので、ホテルの近くにある人気の”喫茶店”で休憩。

「ちくさ」です。

かつては日本人の方がオーナーで、その後何度かオーナーが変わったという話を昔からネパールに行っている人に聞きました。

前にも書きましたが覚王山(千種区)にあった「ちくさ」というカレー屋さんも同じオーナーだったということも聞きました。

今となっては何が本当で何が違うのかは分かりませんが。

店内は日本の古い喫茶店のようです。

ホットサンドやパンケーキも人気らしいです。

まだ食べたことがないので今度食べてみようと思います。

前回、吉岡さんと最後の晩餐でピザと書きましたが、

最後にもう一回だけごはんを食べました。

ホントの最後の晩餐です。

ネパールに住んでいる方から教えてもらったタメルにあるお店です。

チベット系のお店ですがダルバートもおいしいです。

モモ。

シャパレ。

チベットのミートパイです。

チベット系のお店にはテーブルの上に辛いお酢とラー油みたいなのとティムルアチャールがあります。

今月の月替わりテントゥクとチョーミンとダルバートはそんな感じのをイメージしています。

ここで吉岡さんとはお別れ。

ポカラ方面に向かってその後コーヒー農園に向かわれるそうです。

ネパールのコーヒーのことを聞きたい方は桜山の吉岡コーヒーさんへ!

チベットのこともすごいくわしいです!

これで終わりかなと思いながら写真を見返していたら、

何を思ったか31に寄ってアイスクリームを食べてました。

シングルが205ルピ(205円)ーでダブルが385ルピー(385円)。

日本より少し安いくらいですかね?

あまり覚えていないのですが、

やっぱりけっこう疲れていたみたいですね。

甘いものが欲しかったみたい。

タメルの真ん中らへんにあります。

気が向いたら!?

あまりブログに登場しませんがこういう感じのお店もたくさんありますので、安心してください。

ホテルフレンズホーム。

今回外観を撮り忘れたと思っていましたが1枚だけ撮ってました。

こんな感じです。普通のホテルです。

といったところで今日はこれくらいで。

〇今日のまとめ

今回は最後にPCR検査をしないといけなかったので、最後の方はスケジュールをうまく組めずダラダラと過ごしてしまいました。これを書いているあと2週間後から2024ネパール始まります。今回は事前にお店をいくつかピックアップしているので、しっかり計画的に(自分的には)行動しようと思います。それにしても次の旅までに2023のブログが終わりそうで一安心です。

次は「ブッダさん」です。

2023タルカリのネパール旅⑳『ブッダさんと陰性証明書とボウダナート』
こんにちは。 名古屋本山ネパール料理タルカリです。 2023年2月1日から2月14日までネパールに行ってきました。 ...

今日もご覧いただきありがとうございます。
ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram



旅ブログまとめ

2023

2023年2月 ネパールの旅
◎『2023年 ネパールの旅』 記事一覧

2020

2020年2月ネパールの旅
◎『2020年 ネパールの旅』 記事一覧 ...

2019

2019年2月 ネパールの旅
◎『2019年 ネパールの旅』 記事一覧 ...

2018

2018年2月 ネパール・インドの旅
◎『2018年 ネパール・インドの旅』 記事一覧 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク