2018ネパール⓪ ~名古屋からカトマンズへ(バンコク経由)~

こんにちは。
タルカリです。

ネパールに行ってから、
もう1か月経ってしましました。
あっという間ですね。

今回の旅路をぼちぼち更新をしていこうと思います。
書いていると、
また行きたくなってしまいそうです。

思い出しているだけで、
すでに行きたくなっていますが。。。

とりあえず今回は、
名古屋からカトマンズまで。

名古屋からネパールはタイ航空がオススメ。

お客様からよく聞かれることのひとつに、


「ネパールに行くのに、どれくらいかかるの? どうやって行くの?」

というご質問があります。
まずはそれについて少しだけ。

当然のことながら、
どうやって行くか・費用等は、
タイミングや何を重視するかによって変わってきますが、
名古屋からでしたら、タイ航空がオススメです。

理由としては、
・時間を有効活用できる。
・ネパールでの滞在時間を長くできる。
からです。

今回は(も)タイ航空を利用してネパールまで行きました。

タイ航空はどうして時間を活用できるかというと、

中部国際空港セントレアから、深夜0:30発の便があるからです。

タイのバンコクを経由して、
翌日の12:45(日本時間16:00)にカトマンズの空港に着くことができます。
合計15時間15分程度です。

名古屋を出発する日も、
丸々一日時間があり、
到着した日も、
遅くとも15時にはホテルにチェックインできるので、

街で買い物をしたり、
さっそく、レストランでゆっくり食事をしたりできます。

チケット代のことだけを考えると、
他に安い便はたくさんありますが、

時間の面で考えると、
一番時間を有効活用できるのではないかと思っています。

飛行時間だけ見ても合計で8時間くらいなので、
飛行機の中にいるのが苦手な方にも良いと思います。
(ドバイ経由などを選んだ場合は飛行時間が・・・)

ということで?
今回、自分たちも時間を有効活用し、
出発の日のランチまで営業してから出発しました。。。

深夜のセントレア

00:30発の便はセントレアの最終便のため人もまばらです。

売店も21時に閉まってしまうので、
何か日本のお土産を買っていこうと考えている場合は、
少し注意が必要かもしれません。

上の飲食店街もスターバックス以外は21時まででした。

飛行機に搭乗した後、

離陸してすぐにおにぎりがでました。

バンコクに到着する2時間前くらい?
明け方の4時くらい?
朝食?が出ます。
(余談ですが、自分はパイナップルアレルギーのため、
今回機内食のフルーツは全てアウトでした。)

バンコクのスワナンプーム空港到着

タイに行かれた方はご存知かと思いますが、
かなり広い空港なので、
移動するのにけっこう大変です。
以前間違えて反対側に行ってしまったことがありました。。。

去年こちらに行った際、
この機械がかなり使えることを知り今年も活用しました。
↓↓↓

日本語にも対応していて、
SCANというところに飛行機のチケットをかざすだけで、
搭乗ゲートが書いた紙をプリントアウトしてくれます。
一応豆知識として。

スワナンプーム空港は、
空港のフリーwifiも充実しているので、
(基本的に2時間無料)
インターネットに困ることはないと思います。

空港フリーwifiの使い方を書いたサイトもたくさんあります。

スワンナプーム空港のフリーWi-Fi利用方法 | アジアトラベルノート

空港内では、自分はこちらのカフェを使うことが多いです。
カフェのフリーwifiもあります。
ここは空港内だからということもありますが、
wifi環境の違いを改めて感じます。
当店もそろそろ。。。

大体、この時間でようやく旅の計画を練っています。。。

バンコクからカトマンズへ

いよいよカトマンズに向けて出発します。

バンコクからネパールの便は右側に座ると、
視界が良ければエベレストなどヒマラヤ山脈の山々を見ることができます。

今回は残念ながら雲が多くて見えませんでした。

景色もきれいですし、
せっかくなので山が見える方がいいと思いますが、
写真を撮りに窓際に移動してくる人達もいたりするので、
山に興味がなく静かな方がよければ、
左側の席でもよいかもしれません。

いつもチケットを予約しているDNAトラベルでは、
インターネットで座席予約ができるので、
チケットを予約したときにそのまま座席も予約してしまっています。

ちなみに、
バンコクからカトマンズの機内では、
3時間くらいのフライトですが機内食もでます。

カトマンズ・トリブヴァン空港へ到着

まず、どうでもいい話なんですが、
カトマンズと書くべきかカトマンドゥと書くべきか、
実は?いつも迷っています。
(この話はまたそのうち。。。)

飛行機の高度が下がるにつれて、
下に山が広がってきます。
よく目をこらすと、
ところどころ集落があるのが見えます。

着陸したあとは飛行場内を歩いて移動します。

タイの近代的な巨大空港と打って変わって、
公民館のような親しみのある建物に入っていきます。

ネパールに入国するにはビザが必要です。
日本で取得してから行く方法と、
現地で取得する方法があります。

今回は現地で取得しました。

設置してある機械でも作成できますが、
けっこう混み合うことが多いようなので、
日本で先に書類だけ作成して用意していくのがオススメです。
(機械を利用したことはまだありません。)

こちらでビザ代金を支払います。

円やドルでも支払いができます。
15日滞在の場合、
円では3000円、ドルは25ドルです。

最初25ドルを出したところ、
しつこく円での支払いを求められました。
(円の方が高いので。)
そのまま押し通しましたが。。。

そこで受け取ったレシートと作成した書類を持って入国審査へ。

無事入国審査が終わったらエスカレーターを降りて下の階へ。

画像は撮れませんでしたが、
今年は珍しく?荷物検査をしっかりとやっていました!?
いつもはスムーズに通れるのですが、
行列ができていました。

ただ、

あまりにも行列が長くなったあとは、
検査がやけに早くなったような気がしたのは、
気のせいだったのか、気のせいでは無かったのか。。。

それはともかくとして、
この時はあまり気にしませんでしたが、
実は?この荷物検査の変化は、
少しずつあるネパールの変化を感じさせる出来事でした。

その後スーツケースを受け取り空港の外へ。

空港の外に出ると、
さっそく人の声と車の音の喧噪がはじまります。

いよいよカトマンズに到着しました。
とりあえず今日はこのあたりまで。

次回へつづく・・・

2018ネパール①  ~旅の目的と初日 トリブヴァン空港からタメルへ~

今日もご覧いただきありがとうございます。
ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク