ネパールのコンセント

スポンサーリンク
広告




こんにちは。
タルカリです。

海外旅行に行くときに気になることのひとつが、
その国のコンセント事情かと思います。

ということで、
ネパールのコンセントについて少しだけ。

日本のコンセントプラグもそのまま使える!?

このブログを読まれている方は、
バックパッカーのような方でなく、
なんとなくネパールに興味があって、
ネパールに行ってみたいなという方が多いと思います。
(勝手なイメージですが、、、)

そんな方に朗報!?です。

携帯を充電する際、
そこそこの値段のカトマンズのホテルでは、
けっこう日本のアダプタをそのまま使えることが多いようです。

きちんと調べたりしたわけではないのですが、
一泊20ドル位が目安?
それ以下のところでもある場所も多いと思います。

ちなみに、
今年(2018年)は、
少し高めの一泊30ドルくらいのところに宿泊しました。

ということもあり、
(指せることを期待して、)
変換プラグを持っていきませんでした。
が、
予定通り大丈夫でした。

これなら、
旅行前に荷物チェックをする際に、

「あっ、変換プラグ買い忘れた!」
「変換プラグはどのタイプだろう。一応全部持っていくか。。。」

ということも心配しなくて大丈夫だと思います。

あと自分の場合、
モバイルバッテリーはいつも持っていくようにしています。
写真を撮っていると充電がすぐに減っていきますし、
移動先のホテルで万が一使えない場合もあるので。

オススメは、
画像のように2口のプラグとバッテリーがひとつ。
この組み合わせを持っていれば、
滞在期間を十分乗り切れると思います。

ちなみに、
通常の旅行なら携帯電話くらいでしかコンセントは使わないと思うので、
ネパールでは変圧器も必要ないかなと思います。
旅行者が宿泊するようなホテルなら、
ドライヤーも基本的に常備されているところも多いですし。

ただ、
パソコンなど日本の電化製品を持っていかれる方は、
もちろん変圧器は必要になると思います。

万が一宿泊したホテルで日本のコンセントが使えなかった。。。
という場合の対処方法がいくつかあります。

・ホテルのフロントで貸してもらえるかもしれない。

・街にある雑貨屋さんでもネパールのUSB用の変換プラグを購入することができます。

大体300ルピー(330円くらい)から
500ルピー(550円)くらいでした。

ということで、

「一応持っていこう、一応持っていこう」
という感じで何かと荷物が多くなりがちな海外旅行ですが、

ネパール旅行は思い切って、

「いつも使っているコンセントだけで望む」

というのはいかがですか?

それに、
携帯の充電がなくなっても何とかなるものなので、
それはそれで旅を楽しめるかもしれないですし。
(無責任にすみません。)

コンセント話の最後になりますが、
カトマンズの空港でも充電ができるようになっていました。

コンセントタップもマルチで日本のものにも対応していました。
さすが観光客で成り立つ観光立国ですね。

あっ、もうひとつだけ余談ですが、
インドはけっこうそのまま使えないところがほとんどだったので、
Bタイプの変換プラグを持っていった方がいいかもしれません。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする