名古屋にネパール料理専門店ができたそうです。


こちらはネパールの有名なお店のダルバートです。

こんにちは。
名古屋本山タルカリのブログです。

今日は少しだけ前回のつづきです。

名古屋に”ネパール料理専門店”が開店した、という話をお客様から聞きました。
丸の内の「ネパール ステーション」という名前だそうです。

お役立ち情報ということで、その話を書こうと思っていたのですが、
ネットでもすでにけっこう情報がでていますね。

時すでに遅し、、、という感じでしょうか。情報って本当に速いですね。

当店によくいらっしゃるお客様でも、昨年末開店?なのに、
すでに2回行かれたという方もいらっしゃいました。。。

その他にもちらほらと、行かれた方や、すでに情報を知っている方など。
すごい。。。

その新しいお店は、新大久保にあるような ”本格的な” お店だそうです。

(いま東京の新大久保は韓国だけでなく、アジアンのお店がかなり増えていて、
ネパール料理店もかなり増えています。)

ダルバートだけでなく、ネパールメニューも豊富なお店なようです。

これまで細々と、

「ダルバートを始めとするネパール料理が食べられるお店」

としてやってきましたが、ようやくというか、ついにというか、
ライバル店がひとつ増えました。(しかもかなり強力そうな!!)

と、冷静に書いているものの、内心は『ついにきたか』という感じで、
少し焦っています。

これから名古屋でも少しダルバートを出すお店が増えそうですね。

名古屋とダルバートについては、
以前も少し書きました。

名古屋でダルバートを出すお店が増えない理由

ところで、
お客様からはよく、

「名古屋でもダルバートを出すお店が増えるといいですね。」

ですとか、

「名古屋でもダルバートがもっと広まるといいですね。 」

「お店が増えれば認知度が上がってお客さん増えますね!」

ということを言われるのですが、

実際のこの点については、

“自分たちにとっては”、良いことなのかどうかは微妙でだと思っていまs。
(本音を言えば、ライバルは少ないほうがいいですし。。。
あと、ただ増えるだけでも、それはどうかと思いますし。。。)

ただ、
お客様にとっては、選択肢が増えることはよいことだと思います。

しかも、
今回の新しいお店は期待値も高そうですし。

自分たちも、気を引き締めて、
もう一度お店のコンセプトを確認してやっていかないとと思います。

話は戻りますが、
そのお店は丸の内駅のちかくだそうです。

『もしネパール料理専門のお店を名古屋でやるとしたら?』

ということは何度か(何度も?)シミュレーションしたことはあります。

自分だったら、
名駅・金山・大須・大曾根あたりかなと思っていたのですが、
丸の内は全く選択肢に入っていませんでした。
(大曾根はいま、名古屋でもパール人が多く住んでいるエリアです。)

丸の内なんてランチに混むだけで、
夜はガラガラでやっていけないイメージでしたが、
すぐにネパール人でたくさんになりそうですね。

今思えばですが、
丸の内にはネパール人もたくさん通う日本語学校がありました。

その周辺には最近増えているネパール人学生たちがいます。
(そういえば、シェフの弟や友人の子供たちも通っています。)

オーナーさんはきっとネパール人だと思いますが、
なかなか”やりて”っぽいですね。

たぶんお客様として狙っているのは、
その学生さんたちなんだろうと思います。

このブログを書きながらも、”丸の内”、いい場所見つけたな~
という謎の嫉妬心が少しだけ自分の中に湧き上がっています。

ですが、
タルカリはあくまで日本人向けのお店としてやっています。
本山のお店も『面白いネパール料理』を紹介するという考えでやっています。

新しく出来たお店は、
たくさん来店するネパール人につられて、
そういった雰囲気や料理が好きな日本人客も
増やしていくというような感じなのではと思います。
きっと。
タルカリのお客様きっとも少しずつ。。。

ということで、
焦りながらも、
お店のコンセプトを確認する良い機会だと思うことにしています。

ちなみにですが、
そこが成功したら、
名古屋でも今度は一気に同じようなお店が増えるだろうなとは思っています。
(これまで全然ないと言われていたのに。。。)

以前ですが、
いろいろビジネスをしているネパール人の友人に、

「ネパール料理だけのお店はやらないの?」

と聞いたら、

「”今は”やらない。」

と言っていました。

新大久保でも有名なアーガンさんや
ナングロさんのオーナーとも友人だそうで、

「名古屋でアーガンみたいにやったら儲かるよ。」

と言っていましたが、自分では”まだ”やらないとも言っていました。

ただ、
顔を合わすと「いい場所ない?」
と聞いてくるので様子見は続けているようでした。

そのような感じの人がけっこういるので、
先陣を切ったネパールステーションさんの動向を確認して、
お店が増えてくるだろうなと思っています。

そのうち丸の内が新大久保のようになったりする可能性も。。。
今池にもネパール人学生が増えているので、
イオンのある裏通りあたりにできそうですね。

そして本山から少しずつ人が。。。

今回は、珍しく長く書いてしまいましたが、
ライバル店が出現して、
心穏やかでない状態が表れていると自分では認識しています。

ネットでは、
『ついに本格的なネパール料理が名古屋で食べられる!』
というような声もちらほらあったりするので。

それを読みながら、
「タルカリは本格的ではないと思われているんだなぁ。。。さみしいなぁ。」
と少し悲しくなりながら見ています。

と言いながらも、

自分のお店でやっていきたいことを明確にする、
いいきっかけだと考えることにしたいと思います。

今回は”お役立ち情報”を書きますといいながら、
たいして役にたっていない気もしますが、
今日はこのへんで失礼します。。。

とりあえず一回食べに行きたいです。
楽しみですね。
お客さもの感想もお待ちしてます~

今日もご覧いただきありがとうございます。
ダンニャバード。
(ネパール語でありがとうの意味です。)

・タルカリ  webサイト
・タルカリ  facebook
・タルカリ  Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク