『チャイ』ネパールでは『チャ』と言います。

お店で出しているメニューの中で、

「割ともう一般的なのかな」と思っていることが、

意外と知られていなかったんだという事が時々あります。

『チャイ』もそのひとつです。

お客様から、「チャイって何ですか?」

と聞かれることも実はけっこうあります。

最近では、コンビニとかスーパーとかでも目にすることが増えたので、

さすがに知名度はあるかなと思っていましたが、

チャイもまだまだですね~。

『チャイ』は茶葉をミルク・砂糖・スパイスと一緒に煮出してつくる飲み物で、

スパイスの風味のするミルクティーです。

チャイはインドの言葉で、

ネパールでは「チャ」もしくは、「チヤ」という事が多いです。

(インドでもそうだったらすみません。)

当店では注文いただくとき、

「砂糖は入ってないですよね?」
とか、
「甘くないよね?」

と聞かれることが多いので、

基本的には砂糖を別でお出ししています。

ですが、

実際ネパールでは一般的には、

かなり“あま~い”『チャ』が出てくることが多いです。

暑い地域では「体温を下げるため」

だとか、

山の方では、「糖分を補給するため」

だとか、

冷蔵設備が少ないので、「甘くして腐敗を防ぐため」

などなど、

いろいろ理由は耳にしましたが、

とにかく甘いです。

 

さすがに、

カフェだとかホテルだとかは、

砂糖入り・砂糖なしを置いたりしています。

ただ、

お店によって名称が違うのが難点です。

ある店で、

『チャイ』が甘くなくて、

『マサラチャイ』が甘い砂糖入りだったのが、

(※マサラはスパイスという意味です。)

別の店では、

『チャイ』が甘くて、
『マサラチャイ』が甘く無かったり・・・

そしてまた別の店では、

『チャ』がただのブラックティー

『マサラチャイ』がスパイス入りのミルクティーだったり・・・

お店によって名称が全然違くて、

思ったのと全然違うものが出てきたりします。

それが“ネパールの甘くないところ”、チャイは甘いんですが。。。笑

ええ、それはさておき、
とりあえず注文時にこの店ではどんなものか、

一応確認するしたほうがいいかもしれません。
ただ、

チャイにかぎらず、

その時、その時出てくるものが全然違うのを楽しんだり、

何が出てくるかドキドキしながら待つ。

そういうのもネパールを楽しむひとつなのかなとも思います。

(それが嫌だという人はネパール向いていないかも。。。)

「郷に入っては郷に従え」ではないですが、

その場その場の味を楽しむのもよいですよ。

いずれにせよ、

ネパールの『チャ』は本当にあまいです。笑

ダンニャバード
(ネパール語でありがとうの意味です。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク